美容整形外科の痩身施術や二重手術で美顔美BODYゲット

まぶたの症状

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下りあがりにくくなる症状のことです。この眼瞼下垂はおもに、先天性タイプと後天性タイプがあります。眼瞼下垂になってしまうと、見た目の印象も変わってしまいます。

ワキガを治す

昔から、皮膚科でワキガの治療を受ける人がたくさん存在していました。ワキガの症状が重い場合は、制汗剤などを用いるセルフケアでは対処しきることができません。ワキガはやはり医療機関で治療を受けるのが良いでしょう。

二重にする

日本人は一重まぶたが多いです。何年も前から二重テープやのりが販売されており、女性の二重への憧れは時代がたっても強くあります。二重まぶたの治療は日本でも人気のある施術になっています。

最新脂肪吸引

女性の肌天敵であるほうれい線にはヒアルロン酸が効果的です。潤い成分を与えることでピンと肌にハリを感じることが出来ます。

メスを使わない切らない脂肪吸引があります。切らないので体に負担が少ないですよ。治療を受けるなら、評価が高いクリニックを選びましょう。

個人差が大きいためダウンタイムがとれるようにしておきます

ベイザーは最新式の脂肪吸引で、カニューレの先から特殊な振動エネルギーを出して脂肪細胞を破壊してから吸引を行います。そのため、組織を傷つけることがなく安全に脂肪を吸引することができます。 FDAでも安全性が認められていますが、吸引のしやすさから経験の浅い医師でもベイザーによる脂肪吸引が行われ、トラブルが起きることがあります。ベイザーでの施術を受ける場合には、クリニックのホームページなどで症例数を確認するといいでしょう。また腕のいい医師がカウンセリングを行っても、実際の施術は別の医師というところもあります。カウンセリングを行った医師が施術を行ってくれるのか確認します。 ベイザーはダウンタイムがすくなくてすむ、腫れや出血が少ないと言われていますが、大きな個人差があります。ダウンタイムがとれるように余裕をもって施術を受けるようにします。

機械が改良され少ない脂肪でもきれいに吸引できます

ベイザーは2006年にベイザーハイデフ(ミケランジェロ)、2011年にベイザー4Dスカルプトという改良型が発売されています。従来の機械に比べて、より繊細に脂肪を吸引することができます。 脂肪吸引で大切なことは吸引する脂肪の量ではありません。どうしても脂肪が落ちず体のバランスが悪いときに、気になる部分を脂肪吸引することができます。 とくにベイザー4Dスカルプトは、体を立体的にとらえ、全体のボディラインが美しくなるように脂肪吸引することが可能です。また皮下脂肪のあまりない部分でも脂肪吸引が可能です。そのため女性ではふくらはぎや足首などの部分痩せに最適と言えます。また男性では、お腹や胸の皮下脂肪を吸引し、筋肉が際立った美しいボディを手に入れることができます。